毎日をハッピーに快適に暮らすためのちょっとした豆知識

毎日ハッピーライフ

レジャー 国内 旅行

出雲大社の参拝方法!所要時間の目安やご利益は?駐車場は無料?

投稿日:2017年8月28日 更新日:

縁結びの神様として有名な出雲大社。
本殿は国宝にも指定され、全国から多くの参拝者が訪れます。

参拝方法は、普通とは違うと知っていましたか?
今回は島根県出雲大社の参拝方法や所要時間の目安、ご利益や無料の駐車場などについて詳しくご紹介します♪

Sponsored Link

出雲大社の参拝方法は普通とちがう?

出雲大社に参拝するからには、ちゃんとご利益があるように、正しい参拝の仕方を覚えておきたいですね!
意外と知られていない出雲大社の正しい参拝方法をご紹介します!

出雲大社は御本殿を参拝した後、「反時計回り」で境内を参拝するのが正式な参拝方法と言われています。

また、出雲大社には『参拝ガイド制度』があり、ベテランのガイドさんの説明を聞きながら回ることもできます。

【出雲大社参拝ガイド』
開催日:毎日(1回目・・・10:00~、2回目・・・13:00~、3回目・・・15:00~)

参加料:500円(中学生以上)

予約:不要

所要時間:80分(約1.5km、途中離脱可)

集合場所:神門通り観光案内所おもてなしステーション

問い合わせ先:出雲観光協会 TEL0853-53-2112

正門からの参拝ルート

1、参道入り口のあたりを勢溜(せいだまり)といい、ここに木製の鳥居があります。
ここが出雲大社の正門となります!
宮司さんに尋ねたところ、鳥居の真ん中は神様が通るので端を通ります。この時、左端から入る場合は左足から。
右端から入る場合は右足から入るそうです。

因みに参道を歩くときも真ん中は避け、左右どちらかの端を歩きましょう!

 

2、参道を通っていると、見落としそうになりますが右手に小さな社があります。
これは、「祓社(はらいのやしろ)」と言い、知らず知らずのうちに身に付いた穢れを払い清めてくれます。

参拝方法は「2礼4拍手1礼」です。

普通は「2礼2拍手1礼」ですよね。間違えないように気を付けてくださいね!

 

3、なだらかな坂を下って「祓橋」
なだらかな坂を下って行くと、「祓橋(はらいのはし)」と呼ばれる石製の太鼓橋が見えて来ます。
この橋を渡ると、先は神様の神域であるという意味合いがあります。

橋の下には聖なる川と呼ばれる「素鵞川(そそがわ)」が流れています。
この素鵞川は、出雲大社の背後にそびえ立つ「禁足地・八雲山」から流れてくる神聖な清流で、橋で渡ることにより、心身を清めてくれます。

祓社、祓橋と2段階も身を清めるほど、御本殿は神聖な場所なんですね。

 

 

4、いなばの白ウサギに因んだウサギたち
「祓橋」を渡ると、樹齢数百年の松並木があり、ほどなく左手に可愛らしいウサギたちがいます。
このウサギたちは出雲に古くから伝わる「因幡の白うさぎ」の神話に由来するウサギです。

因幡の白ウサギの神話の中で、ここ出雲大社の主祭神である大国主大神が傷ついたウサギにアドバイスをします。
また、この神話は「縁結び」のお話しでもあり、縁結びのご利益のある出雲大社にウサギの像が置かれるようになったと考えられます。

この松並木の参道は、神様の通り道で真ん中と両端の3本の道に分かれています。真ん中は神様が通る道で両端を歩くとよいと言われています。

 

5、ムスビの御神像
松並木の参道を更に進み、境内の入り口付近に行くと右手に「ムスビの御神造」が見えて来ます。

これは、古事記の中のお話しで、大国主大神が若く修行中だったころ、日本海の荒波の間から『幸魂・奇魂(さきみたま・くしみたま)』という魂が現れ、ご縁を結ぶ力を得られました。
そして最後には「ムスビの大神」という神様になります。

「ムスビの大神」とは、神様となった大国主神の別名のことなのです。

ここで同じポーズをとると力をいただけるとも言われていますよ♪

 

6、手水舎(ちょうずや・てみずや)で心身を清める
参道を挟んでムスビの御神像の反対側には手水舎があり、ここで手と口を清めます。

手と口の清め方は・・・
①柄杓を右手に持って水を汲み、まず左手を清めます。

②次に柄杓を左手に持ち替えて水を汲み、右手を清めます。

③柄杓をまた右手に持ち替えて水を汲み、左手に水を受けて口をすすぎます。(※このとき、柄杓に直接口を付けるのは厳禁!!)

④口を付けた左手をすすぎます。

⑤柄杓を立てて残った水が柄を伝うように流し、柄を清めます。

⑥柄杓を元の位置に戻しましょう。

 

7、第四の鳥居をくぐって境内へ!
心身を清めたら、第四の鳥居です。
この鳥居は「銅鳥居」と呼ばれ、高さ6m、柱の直径は52cmで国指定重要文化財に認定されています。

 

Sponsored Link

8、鳥居をくぐったら、拝殿を参拝
拝殿は最初の祓社と同じく「二礼四拍手一礼」です。
お願いをするときには、まず自分の氏名、住所を言ってからお願いごとをすると神様も迷わずにお願いを聞いてくださるそうです。

 

9、本殿
拝殿の後ろに回ると八足門があり、本殿を正面から参拝できます。
本殿と八足門の間には楼門があり、正月五カ日は八足門が解放され、この楼門前まで入ることができます。

 

9、出雲大社ツウはこちらも参拝!!
本殿まで参拝で終わりと言う人も多いのですが、出雲大社ツウの人は、本殿に向かって左に建物沿いに歩き、
西側にある小さな祠(ほこら)も参拝します。

出雲大社の本殿に祀られている大国主大神の御神座は西向きになっており、この祠に参拝することによって本当の正面から拝礼することができるんです!

せっかく出雲大社に来たからには、ここまで来て是非参拝してくださいね。

 

出雲大社参拝の所要時間の目安やご利益は?

出雲大社参拝の所要時間の目安は?

出雲大社は一の鳥居から正門でもある二の鳥居までにお土産物屋さんや、出雲そば、ぜんざいなどが食べられるお店などが立ち並び、ゆっくりと見て歩くととても楽しいものです。
この通りをゆっくり散策するのに1時間くらいは見ておいた方が良いですよ♪

そして、いよいよ正門(二の鳥居)から境内に入り、見どころを順に回ると所要時間は大体1時間~1時間半程度になります。

先ほどご紹介した参拝ガイドは所要時間が80分になっています。
途中離脱もできるので、これを利用するのもおすすめです♪

出雲大社のご利益は?

出雲大社は日本一のパワースポットとも呼ばれ、ご利益もとても沢山あると言われています。
それでは、どんなご利益があるのか一緒に見てみましょう♪

■縁結び
10月は、全国の神様が出雲に集まり各地で不在になるため「神無月」と呼ばれます。
しかし、ここ出雲では「神在月」と呼びます。

古くから、10月は出雲大社で全国の神様があつまり、人々のご縁について話し合うそう。
なので、出雲大社は「縁結び」で有名なんですね♪

しかも、縁結びと言っても恋愛におけるご縁だけでなく、人と人とのご縁なので、仕事運にもご利益があると言われています。

■安産
主祭神である「大国主大神」は多くの女神と結婚し、沢山の子宝に恵まれたことでも有名です。
そのことから、出雲大社は安産のご利益もあると言われています。

■商売繁盛
出雲大社では仕事の縁に対するご利益にも絶大な力があり、参拝後商売が上手くいったという話もたくさんあります。

■夫婦円満
今結婚をしている夫婦も円満に、より絆を深いものにしてくれます。2人の縁をより深いものにしてくれるご利益です。

■交通安全
出雲大社は交通安全や健康祈願にもご利益があります。家族みんなの健康と安全のご利益があります。

 

Sponsored Link

出雲大社の駐車場情報!無料の場所はある?

出雲大社周辺には、無料の駐車場が沢山あります。

1、神門通り交通広場駐車場

一の鳥居と二の鳥居の中間にあり、お土産屋さんの並ぶ通りにあるので、とても便利です。
台数は89台と少なめですが、一番おすすめの駐車場です♪

2、古代出雲歴史博物館駐車場

駐車台数が244台と多く、広いので停めやすい駐車場です。

3、みせん広場駐車場

古代出雲歴史博物館駐車場から東に少し行ったところにあります。
駐車台数は111台

4、出雲大社外苑駐車場

一番メインの駐車場で385台停められます。
しかし、ここから一番近いルートで出雲大社へ行くと、第三の鳥居の所に来てしまうので、正門んからのルートからそれてしまいます。

まとめ

いかがでしたか?
日本一のパワースポットと言われる出雲大社。
せっかくのご利益にあずかるためにも、正しい参拝方法で参拝することをおすすめします。

周辺には無料の駐車場が沢山あるのもありがたいですね!

是非参考にされてくださいね♪

関連記事⇒『出雲そばの老舗、荒木屋に行ってみた!メニューや営業時間、駐車場は?』

出雲大社周辺の口コミや詳細情報はコチラ【楽天たびノート】

-レジャー, 国内, 旅行

Copyright© 毎日ハッピーライフ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.