毎日をハッピーに快適に暮らすためのちょっとした豆知識

毎日ハッピーライフ

レジャー 国内 季節の行事 旅行

雲龍院の紅葉はライトアップがきれい!見ごろや混雑状況、アクセスは?

投稿日:2017年8月8日 更新日:

比較的人が少なく、静かにゆっくり紅葉を鑑賞できることで密かに人気の「雲龍院」。
一時期、「月桂冠」のCMで雲龍院の悟りの窓が使用されたことでもその名が広まりました。

今日は、そんな紅葉スポットの穴場でもある雲龍院のライトアップ情報や、見ごろの時期、アクセスや混雑状況について詳しくご紹介します♪

Sponsored Link

雲龍院の紅葉、ライトアップ情報!

雲龍院は、正式名を「真言宗 泉涌寺派 別格本山 雲龍院」といい、京都駅から近いにも関わらず、人が少なくライトアップもされる穴場スポットです。

雲龍院、2017年のライトアップの期間は

日程:2017年11月18日(土)~11月26日(日)
ライトアップ時間:日没~21:00(受付20:30終了)

※昼、夜の入れ替え制はありません。

となっています。


「大輪の間」から眺めるライトアップされた庭園の紅葉は、幻想的で美しく、心が洗われるようです。

CMにも使われた雲龍院の「悟りの窓」

禅の教えを表現した悟りの窓からから見る紅葉は、まるで丸く切り取られた美しい絵画を見ているようです。

Maiko さん(@maiko_gos)がシェアした投稿

この丸い悟りの窓は、禅における悟りの境地を表しています。
何となく、悟りの窓から景色を眺めると心が落ち着くのは「悟りの境地」を表しているからなのかもしれませんね。

その他にも、雲龍院には四角い「迷いの窓」と椿・灯籠・紅葉・松がそれぞれ4つの窓で切り取られて見える「蓮華の間」もあります。

Sponsored Link

yanmaさん(@yanma222)がシェアした投稿

雲龍院の紅葉のみごろは?

比較的ライトアップの期間が9日間と短い雲龍院ですが、見ごろはまさにこのライトアップの期間である11月中旬~11月下旬です。

中旬はまだ緑、黄色、赤と色鮮やかな紅葉を楽しむことができ、下旬には燃えるように赤い紅葉へと変化します。
どちらの紅葉も美しく、優劣つけがたい美しさです。

 

Sponsored Link

雲龍院、紅葉の時期の混雑状況やアクセスは?

すぐ近くの東福寺は激混みなのに、途中の道が坂道で真っ暗のせいか、こちら雲龍院は人が少なく、ゆっくりと紅葉を鑑賞することができます。
500円でお抹茶と和菓子を頂くこともでき、温かい毛糸の靴下も貸してくれたりと至れり尽くせり。
正に穴場の紅葉ライトアップスポットです。

アクセス方法は、雲龍院は駐車場が5台しかないため、公共の交通機関を利用するのをおすすめします

所在地:京都府京都市東山区泉涌寺山内町36
TEL:075-541-3916【JR京都駅から】

↓JR奈良線(1駅)

JR東福寺駅

↓徒歩(20分)orタクシー(約1.5km)

雲龍院【京浜三条駅から】

↓京浜本線(4駅)

東福寺駅

↓徒歩(20分)orタクシー(約1.5km)

雲龍院

東福寺駅からタクシーで行ってもいいのですが、坂道の参道をゆっくり歩き、泉涌寺の門前まで行くと行燈が雲龍院まで案内してくれ、その暗闇に温かい光を放つ行燈の風情もまた格別です。

余裕のある人は、歩いて行くのもまた道中の風情を味わうことができておすすめですよ♪

 

まとめ

いかがでしたか?

京都駅から近いにもかかわらず、人が少なくゆっくりと紅葉のライトアップを鑑賞することができる「雲龍院」
今は穴場スポットですが、CMなどで使用されているのでこれから人が多くなってくるかもしれません。

穴場スポットのうちに是非訪れて欲しいおすすめの寺院です。

是非参考にされてくださいね!

関連記事⇒『瑠璃光院の幻の紅葉を一般公開で!アクセスや見ごろ、混雑状況は?』『紅葉は京都へ!ライトアップのおすすめスポットとデート向けディナー』

-レジャー, 国内, 季節の行事, 旅行

Copyright© 毎日ハッピーライフ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.