毎日をハッピーに快適に暮らすためのちょっとした豆知識

毎日ハッピーライフ

マナー

結婚式友人代表スピーチの服装!女性のドレスや着物のマナー

投稿日:2017年7月14日 更新日:

「結婚式で親友代表のスピーチを頼まれた!」というあなた、大勢の人の前に出て上から下まで見られるし、
ビデオや写真にも残るので、服装のマナーにはただの参列者以上に気を遣いますよね!

そこで今回は、結婚式のスピーチで大勢の前に出ても恥をかかないように服装や髪形、アクセサリーや靴までNGなものはどんなものなのか?ドレスと着物の場合でそれぞれ見てみましょう!

Sponsored Link

結婚式友人代表スピーチの服装!女性の基本的なマナーは?

結婚式に参列する服装には、基本的なマナーがあります。
それも、昼間と夜では違うということを知っていますか?

女性ゲストは、花嫁より目立たない服装をするのが基本中の基本です
かといって、華やかさに欠けすぎても適切でないので、会場の雰囲気に合った装いを心掛けましょう。

結婚式も最近は多様化してきて、ホテル、ゲストハウス、レストランなど様々な会場で行われるようになりました。
一般的に、最もマナーが重視されるのはホテルで、後者になるほどカジュアルになります。

ホテルでの結婚式の場合は、準礼装でフォーマルな服装を心がけましょう。

※結婚式の準礼装とは??
セミフォーマルとも呼ばれる装いです。一般的に礼服として思い浮かぶ服装が、こちらの準礼服になります。
親族の方も着用する場合が多い服装になります。

■昼…色留袖、振袖、カクテルドレス、セミアフタヌーンドレス他。

■夜…色留袖、振袖、カクテルドレス、ディナードレス他。

注1)女性のフォーマルな洋装は光沢のない単色無地のワンピースが大原則です。

注2)神社、教会、寺院での式には、露出の多いドレスはNGです。肌の露出を抑え、清楚な服装を心がけましょう。


(出典:https://wedding.rakuten.co.jp/guest/fashion/dress/)
◎昼のカクテルドレス

 


(出典:https://www.weddingpark.net/special/guestdress_woman/)
◎昼のセミアフタヌーンドレス


(出典:https://wedding.rakuten.co.jp/guest/fashion/dress/)
◎夜のカクテルドレス


(出典:https://www.weddingpark.net/special/guestdress_woman/)
◎夜のディナードレス

夜5時以降の披露宴では、肩を出したワンピースドレスでもOKですが、昼ならば、袖付の単色のワンピースか袖なしにボレロやストールなどを羽織るのが鉄則です!
(※ストールよりもボレロの方がよりフォーマルです。)
また、スカート丈は短くても膝が見える程度にし、深いスリットや、あまりにも胸元や背中が見えるのは避けましょう。
二次会にもお呼ばれした場合、そのままの装い参加してもよいですが、二次会用に身軽なドレスを用意しておくと安心ですね!!

昼間はキラキラ光るアクセサリーや光沢のある生地のドレスはNGですが、
夜の披露宴ならば、光に反射する素材であるスパンコールやビーズ装飾のドレスできらびやかに彩るのも素敵です(^^♪

結婚式友人代表スピーチの服装!ドレスを着る時に気を付けること

結婚式の友人代表スピーチを引き受ける場合、洋装のドレスを着る場合、どんなことに気を付けたら良いでしょうか?
髪型、ヘアアクセサリーから、ドレス、靴やバッグまでのNG例を見てみましょう!

結婚式ドレスのNGファッション

■白色
花嫁の色「白」に近い薄いベージュなどの白系ドレスも、太陽光や写真映りによっては、白に見えてしまうこともあるため避けた方が無難です。

また、ボレロなどの羽織り物だけが白っぽいとしても、着席したときにはその色しか見えないので透けた素材でなければ避けた方が良いでしょう。

■柄物
単色無地が正式とされているので、柄物は基本的にNGです。しかし、刺繍やレースの柄物程度なら問題ありません。

スーツもリクルートスーツは「仕事着」なのでお祝いの席ではNGです!

チャイナドレスなど着物以外の民族衣装は、その出身の人でない場合は避けた方良いでしょう。

■ファー素材
毛皮やファー素材、アニマル柄は「殺生」をイメージするため結婚式にはふさわしくないといわれています
近頃ではボレロくらいならそこまで厳しく問われないようだが、正式なマナーではないので特に年配の方が多く出席する披露宴では避けた方が無難です。

また、スピーチが新婦のお色直し後の場合、と自分のドレスの色と新婦のドレスの色が被ってしまってもヒンシュクです。
新婦のお色直しのドレスの色は事前に確認しておきましょう!

■露出の高いドレス
披露宴が昼間の場合、極端に露出度の高いドレスや、身体の線がはっきりと出てしまうドレスはNGです。スカート丈は膝が隠れるのがベスト。

しかし、夜の時間帯の披露宴に限っては露出のあるドレスもOKです。

夜の時間帯の正礼装はイブニングドレスとよばれている、胸元・背中・肩が大きく開いているノースリーブのドレスです。
丈は床すれすれのフロア―丈か足首が隠れるぐらいのロング丈のもので、露出が多くてもよいとされています

■全身黒のドレス
「白」はNGという事で、結婚式に黒のドレスを選ぶ人も多いですが、結婚式というおめでたい場所にドレスから靴、小物まで全身真っ黒な服装は不祝儀を連想させてしまいます。
もし黒いドレスを着る場合は、羽織りものやバッグなどの小物で鮮やかな色を入れるようにして華やかさを足しましょう。

結婚式にふさわしいアクセサリーは?

服だけではなく、アクセサリーにも結婚式では避けたいものがあります。
また、昼と夜でNGなアクセサリーが変わってきますので気をつけましょう

Sponsored Link

■昼間の結婚式には光り物はNG
室内で写真撮影をする際にアクセサリーが反射してしまい、周囲の人の写り具合に影響してしまうなどの理由から、
昼間の結婚式のアクセサリーにキラキラ光るものはNGとされています。

昼間はパールなどの光を抑えたシックなアクセサリーがおすすめです。
ラインストーンやビーズ素材なら、シックなものを選びましょう。

逆に夜は華やかな雰囲気のものが良いとされています
素材は本物のジュエリー、パールをはじめ、ラインストーンやクリスタル、ゴールドなども取り入れて華やかさを加えましょう。

・昼⇒シックな物(パール、ビーズなど)
・夜⇒キラキラ素材や光り物(ラインストーン、ゴールドなど)

結婚式でNGのバッグは?

バッグも昼間ならキラキラ光るものは避け、夜は逆に光物で華やかなものというルールは同じです。
では、他にどんなものがNGなのでしょうか?

■アニマル柄やファー素材
ドレスと同様、ファーやヘビ・ワニ革、アニマル柄のような「殺生」をイメージさせるものはNGです
また、ビニールや綿素材のバッグもカジュアルすぎるので結婚式ではマナー違反となるので注意しましょう。

■紙袋
パーティー用の小ぶりなバッグでは荷物が入りきらない時、ブランドの紙袋などをサブバッグとして使っている人を良く見かけますが、じつはそれもマナーとしてはNGです。

パーティーバッグで入りきれない荷物はサブバッグに入れてクロークに預け、紙袋はパーティー会場には持ち込まないようにしましょう。

結婚式にふさわしい靴は?

結婚式ではつま先の隠れるパンプスが基本です。

結婚式では足の指や甲が露出しているタイプのサンダル・ミュール・オープントゥパンプスなどはふさわしくありません。

一方、ブーツやスニーカーは一般的にもとてもカジュアルなものなので、フォーマルな服装に合わせることはやめましょう

ヒールが3cm以上ある細めのヒールのパンプスがエレガントでおススメです。

結婚式でストッキングはどうする?

ストッキングはベージュや肌色のものを必ず履きましょう。
生足で出席は絶対NGです。

黒いストッキングは喪服を連想させるので避けた方が無難です。

なお、伝線したとき用に予備のストッキングを準備しておくことをおすすめします。

結婚式にふさわしい髪型は?

結婚式はフォーマルな場であることから、髪型にも「きちんと感」を出すことがとても大事です。

ロングやミディアムヘアの方は、フルアップやハーフアップスタイルがフォーマルな席に適しています。
ショートやボブヘアの方は、ヘアアクセサリーを使ったり、サイドを編み込みにするなどヘアアレンジを加えましょう。

結婚式でNGのヘアアクセサリーは?

■派手すぎるヘアアレンジや大きすぎるコサージュはNG!
花嫁よりも目立ってしまうような派手なアレンジや、大きすぎるコサージュなどはつけないように気をつけましょう。
披露宴は食事をする場でもありますので、ラメやストーンが飛び散ってしまう恐れがあるようなヘアアクセサリーも避けましょう。

■ファー素材のへアアクセサリーはNG!
ファー素材のものは「殺生」をイメージさせるので、一般的に結婚式ではNGとされています。
フェイクファーのヘアアクセサリーでも、食事の席で毛が飛んでしまったり、マナー違反だと思われてしまうことがあるので、避けた方が良いでしょう。

■生花や花系のコサージュはNG!
ブーケに合わせた花冠やm生花の髪飾りは新婦の特権です。生花はもちろん、造花でも「花」を使うことは顰蹙を買う可能性があります。
ドレスに花のコサージュを付けるのは特にもんだいないとされていますが、髪飾りとしては避けるようにしましょう。

Sponsored Link

結婚式友人代表スピーチの服装!着物を着る時に気を付けること

結婚式で友人代表のスピーチを引き受けた場合、着物で出席するのはとてもおすすめです。
着物は一番の正装でもあり、会場も華やかになります。
滅多に着物を着る機会はないので、こういう時は是非とも着たいですね。

しかし、着物を着る場合、どんなことに気を付けたら良いのでしょうか?

結婚式の着物のマナー

着物は、結婚しているか否かで着るものが変わってきます。

未婚の場合は振袖、既婚の場合は訪問着や付け下げです。
色味については、洋装の場合白は絶対NGが大前提ですが、着物の場合は白一色ということはないので、
白地の着物でも問題ありません

また、結婚式で着物を着る際に使用する帯は、金糸や銀糸で織られたものを着用するようにしましょう

■振袖の場合の注意

1、「大振袖」の場合
花嫁の衣装の色とかぶらないように注意が必要です
袖の長さが約115cm(三尺三寸)のものを大振袖と呼び、最も格式の高いものです。

大振袖は「本振袖」とも呼ばれ、花嫁も着用します。
その場合、ゲストは本来もう少し袖の短い「中振袖」や「訪問着」に変更することがマナーといわれています。
「大振袖」での出席を予定する場合には、花嫁の衣装を確認しましょう。

2、「中振袖」の場合
中振袖は袖の長さが約105cm(二尺八寸)で、大振袖に準じる未婚女性の礼装です。
花嫁の「本振袖(大振袖)」と被ることはありませんが、色味は被らないようにする配慮が必要です

3、「小振袖」の場合

10代で結婚式に列席する時などには、特におすすめです。
小振袖は袖の長さが約85cm(二尺三寸)で、パーティーなど、気軽に礼装を楽しみたい場合に着用します。

■訪問着や付け下げの場合の注意点

訪問着は、胸元にも模様があるので、テーブル席でも華やかさがでます。
色味をおさえる配慮は必要ですが、ゲストの和装としては最も無難といえるかもしれません。

また、江戸小紋や色無地の着物を着る場合は、一つ紋以上の紋が入っているものでないと、礼装として認められません。
江戸小紋や色無地の着物を着る場合は、紋が入ったものを選びましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今日は、結婚式の友人スピーチをする場合の服装について詳しく見てみました。

洋装、和装、それぞれにマナーがあり、アクセサリーやバッグ、髪型も注意点が沢山あります。
大勢の人の前で恥をかかないように、マナーを守ってお祝いの気持ちを伝えてくださいね。

関連記事⇒『着物の髪型!簡単に自分でできるアレンジと大人可愛い髪飾り♪』

-マナー

Copyright© 毎日ハッピーライフ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.