毎日をハッピーに快適に暮らすためのちょっとした豆知識

毎日ハッピーライフ

マナー 季節の行事

お盆のお供えの意味とマナーは?お返しはどうする??

投稿日:2017年4月13日 更新日:

お盆の時期になると、お供え物の事や、頂いたお供えへのお返しの仕方などを考えなくてはいけません。
しかし、キュウリやナスに足を付けるお盆のお供え・・・改めて見てみると、変わったお供えだと思いませんか??

Sponsored Link

意外と知らない、お盆のお供えについて。

意味やマナーについて調べてみると、意外と知らなかった事が沢山ありました!

知らず知らずのうちに失礼な事をしない為に、一緒に見てみましょう♪

お盆のお供えはいつからいつまで??その意味は?

お盆は、仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ)、または盂蘭盆(うらぼん)を略した言葉で、
旧歴では7月15日に行われていた夏の御霊祭です。

現在では、地域によって多少違いますが8月13日から16日までのところが多く、
8月13日の午前中にご先祖様をお墓までお迎えに行き、
8月16日の午後、ご先祖さまをお墓までお送りします。

なので、お供えは8月13日の朝から16日の午後、ご先祖様を送り出すまでお供えします。

 

お盆にはどんなものをお供えするの??

一般的には、お盆には『五供』(ごく)と呼ばれるものをお供えします。

『五供』とは、香、明かり、花、水、食べ物の5つを表します。

●香・・・身と心をを浄化するお線香の香り。お線香の香りは、「悟りの世界へ導く」とも言われています。

●灯燭(とうしょく)・・・ロウソクに明かりを灯すことを言います。ご先祖様がいる場所を明るくする意味があります。

●花・・・お花は、仏花と呼ばれる輪菊、小菊、カーネーション、百合などを左右対称になるように1対お供えします。ご先祖様に喜んでもらうためのものです。

●浄水・・・お水をお供えすることには、心を清らかにすると言う意味があります。毎日取りかえましょう。

●飲食(おんじき)・・・私達が普段頂いている食事を、「食べられる状態」でお供えします。袋に入っているものなどは開封して、器に入れてお供えします。食べ物を頂き、毎日生かされていることを感謝して、朝夕お供えしましょう。

その他に、キュウリとナスに割りばしをさしたお供えを見た事がありませんか??

これは、精霊馬(しょうりょううま)と言って、お盆の時期に、ご先祖様の移動に使うものです。
キュウリは、一刻も早く帰って来るように馬を表し、ナスはゆっくり帰って頂くように牛を表しています。
また、牛には沢山のお供え物をお持ち帰り頂けるという意味もあるようです。

 

お盆のお供えの仕方のマナーと処分方法は?

お盆の供えを備える棚を精霊棚や盆棚といい、仏壇の前に準備します。作り方は地域によって様々で、真菰(まこも)と呼ばれるゴザのようなものを敷きます。

●食べ物・・・すぐに食べられる状態でお供えします。果物は洗って皮を剥きます。お菓子などは開封します。おそうめんなどは、茹でておつゆも付け、お位牌のある方に向けてお箸も添えましょう。肉類や魚介類はお供えしてはいけないものと言われています。また、宗派によってはお酒、たばこ、コーヒーもNGとされている宗派もあるようです。

放置せずに、下げた後、食べられるものは頂きます。お供えは「共に供する」という意味で、それが一番の供養になります。

どうしても傷んで食べられないものは、昔は川に流したり、土に埋めて還していました。
しかし、今は環境問題などで難しいため、お菓子など傷んでいないものはお参りに来ていただいた人に配っても構いません。傷んで食べられないものは、「お供えものを下げさせて頂きます。」とご先祖様に報告し、半紙などの白い紙に包んで、ゴミとして処分します。

Sponsored Link

●お花・・・同じ花束を二つ購入して、一対にしてお供えします。本数は、奇数になるよう、3、5、7本とされています。お花の種類は、トゲや香りがキツイもの、また毒性のあるものやつる性のものはマナー違反とされています。バラなどは美しいですが、お供えには適しません。初盆の時は、白や淡い色合いのものにし、それ以降は白や赤、黄色、紫などの明るい色でまとめても大丈夫です。

仏花と呼ばれるお花は輪菊、小菊、カーネーションなどです。またお供えのお花としてふさわしいのは、秋なら桔梗、なでしこ、ほおずき、ミソハギ、春ならアイリスやキンセンカ、夏ならば金魚草やリンドウなどがよく使われます。

お供えしている間、枯らさないよに水を替え、美しい状態を保ちましょう。

●お水・・・水道水で良いので毎日取り換えましょう。茶湯器などの器に入れ、中央に供えます。茶湯器が一つの場合は、ご飯を左、右に茶湯器を配置します。茶湯器が二つの場合は、ご飯を真ん中にはさんで二つお供えします。

●精霊馬・・・カットしたお箸や爪楊枝を4本さして、馬や牛に見立てます。このとき、キュウリもナスも、ヘタの方が頭になります。飾る向きは、ご先祖様はキュウリの馬に乗って東からいらっしゃるのでキュウリの頭は西向き、帰りはナスの牛に乗って東へ帰るのでナスの頭は東向きです。

精霊馬も昔はお供えと一緒に川に流したり、土に埋めていましたが、現在は難しいため塩で清め、半紙に包んで処分するのが一般的です。

 

お盆にお供え物を送る場合は?

宅急便などでお供えものを送る場合は、8月10日くらいには届くように送るのが無難です。
訪問して届ける場合には、8月13日で良いでしょう。

お供えの品物としては、日持ちする箱詰めのお菓子、そうめんなどの乾麺、お茶、海苔などが人気のようです。

のしは、関東圏は黒白、関西圏は黄白が多いようです。表書きは「供養」とし、薄墨ではなく、通常の墨で書きます。

 

お盆のお供えのお返しはどんなもの?その金額は?

初盆の場合、高額なお供えを頂く事が多いため、半額から3分の1程度のお返しが適切です。
品物としては、調味料やお菓子、洗剤などの消え物がよく用いられます。
海苔、お茶、おそうめんや水菓子などが人気ですが、最近はカタログギフトも良く用いられています。

それ以降は高額なお供え物や、現金で頂いた場合はお返しをした方が丁寧ですが、お菓子など半額返しが難しいものなどは、
お礼状だけでも良いでしょう。

 

お盆のお供えのお返しののしは??そのマナーは?

表書きは関東圏では「」、関西圏では「粗供養」が一般的です。関東圏では黒白、関西圏では黄白の水引が印刷された掛け紙を使用することが多いようです。

手書だと丁寧ですが、難しい場合は印刷されたお礼状を添えます。
法要に参列された方へのお礼状、参列されなかった方へのお礼状、など例文はネットなどでも沢山ありますが、お世話になった葬儀会社でも準備されていることが多いので、尋ねてみるといいですね!

初盆の供養に参列頂いた方にはその場でお返しをお渡しし、それ以外でお供えを頂いた方にはお盆を過ぎたらなるべく早く送ります。

 

まとめ

いかがでしたか??
お盆のお供えにも意味があり、飾り方や処分の仕方もちゃんと決まっています。

お盆は日本の文化なので、キチンと理解して失礼のないようにしたいですね!!

ブログランキングに参加しています。ポチっとして頂けたら励みになります!
どうぞ宜しくお願い致します(*^_^*)。

にほんブログ村

にほんブログ村

Sponsored Link

-マナー, 季節の行事

Copyright© 毎日ハッピーライフ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.