毎日をハッピーに快適に暮らすためのちょっとした豆知識

毎日ハッピーライフ

レジャー 季節の行事

岸和田だんじり祭り2017の見どころ!行き方、穴場スポットや観覧席は?

投稿日:2017年6月23日 更新日:


毎年9月に行われる迫力満点の岸和田だんじり祭り
全国的にも有名なこのお祭りは40万人もの観客が訪れ、その圧倒的な迫力を楽しみます。
是非、1度は見てみたい岸和田だんじり祭りですが、できれば安全な穴場で楽しみたいと思いませんか?

今日は、岸和田だんじり祭りを安全にゆっくりと楽しめる穴場スポットや当日の日程、行き方などについてご紹介します!

Sponsored Link

岸和田だんじり祭り2017!日程や見どころ、行き方は?

岸和田だんじり祭り2017日程とスケジュールは?

2017年の岸和田だんじり祭り』の日程はコチラ!

日程:2017年9月16日(土)~17日(日)

時間:16日6:00~22:00、17日9:00~22:00

です。
スケジュールは
●9月16日(土)
宵宮・・・06:00~22:00
曳き出し・・・06:00~07:30
午前曳行・・・09:30~11:30
駅前パレード・・・13:00~15:00
午後曳行・・・15:00~17:00
灯入れ曳行 19:00~22:00

●9月17日(日)
本宮・・・09:00~22:00
宮入り・・・09:00~12:00
午後曳行・・・13:00~17:00
灯入れ曳行・・・19:00~22:00

となっていて、パレードを楽しみたいならば16日、最終日の迫力を楽しみたいならば17日です!

岸和田だんじり祭りの見どころ!

◎迫力満点!!昼間の『やり回し

(出典:http://kishibura.jp/2016/08/01/kishiwada-9danjiri/index.html)
岸和田だんじり祭りのみどころは、何と言っても重さ約4t、高さ約4mの欅(けやき)造りの岸和田型のだんじりのやり回し!
城下町特有の直角の交差点を直前から加速して一気に方向転換する様子は本当に迫力満点です!
普通ならば、角を回る時は減速しますよね??それが、逆に加速するんですから見ているこちら側も手に汗を握ります。
無事に成功したら、拍手喝采!!かっこよくて、本当に涙が出そうになります!

しかし、角に陣取っみるのは大変危険なのでやめましょうね!!
警備員や係員がいるので、指示に従って観覧しましょう。

◎美しく趣のある夜の『灯入れ曳行』(ひいれえいこう)

(出典:https://gurutabi.gnavi.co.jp/a/a_1281/)
昼間はスピード感あふれるやり回しですが、19時ごろになると、だんじりに200個あまりの提灯が飾り付けられ、“灯入れ曳行(ひいれえいこう)”が運行されます。
夜の灯入れ曳行では、子供達がだんじりに乗って囃子を奏でながらゆっくりと町を練り歩きます

最後、だんじりの庫入れの時は、見物客に残惜しまれながら去ります。
地元の人々は「良いお年を!」とあいさつをするのです。岸和田ではだんじりが1年の境目なんですね。

岸和田だんじり祭りの行き方や駐車場は?


(出典:http://kishibura.jp/2016/08/01/kishiwada-9danjiri/index.html)
〇電車の場合
【岸和田地区】最寄り駅は南海電車の南海岸和田駅です。しかし、南海岸和田駅は大変な混雑なので、蛸地蔵駅や和泉大宮駅で降りても歩くというのも手です!
【春木地区】最寄り駅は南海春木駅です。しかし、こちらも混雑を避けるならば隣の駅の忠岡駅で降りても良いでしょう!
※忠岡駅は後におすすめする穴場スポット「磯上町」の最寄り駅です。

Sponsored Link

〇車の場合
交通規制もあり、岸和田駅周辺に駐車するのは困難です。また、臨時駐車場もありません。
和泉大宮駅周辺ならば、いくらか周辺駐車場に停められるとの口コミがあります。
春木地区へ行く場合は、岸和田競輪場の駐車場が無料で開放されています。

 

岸和田だんじり祭り2017のおすすめ穴場観覧スポットは?

岸和田だんじり祭りは春木川を境に、北側が春木地区、南側が岸和田地区に分かれています。

この2つはそれぞれコースも宮入の神社も異なり、春木地区は弥栄神社への宮入、岸和田地区は岸城神社と岸和田天満宮へ宮入します。
例年大混雑になるのは岸和田地区の方で、特に岸和田駅周辺からカンカン場までの商店街の有名なポイントは歩くのもままならないほどの混雑です。

春木地区は、岸和田地区ほどではありませんが、春木駅周辺や弥栄神社の周りは多少混雑しています。
岸和田だんじり祭りを安全にゆっくり楽しみたいならば、春木地区がおすすめです。

その中でも、磯上町周辺は観光客が殆どおらず、見物人は地元の人が殆どなのでじっくりと安全にだんじりを観賞することができます。磯上町ならば、南海春木駅の一つ手前の忠岡駅から降りた方が近いですよ♪
また、細い道が多くやりまわしを近くで堪能することもできます。

ただ、出店などが少ないので、出店や多少の混雑の雰囲気を楽しみたい場合は春木地区の弥栄神社あたりがおすすめです。磯上町からも歩いて行けます。

 

Sponsored Link

岸和田だんじり祭り2017!観覧席の取り方は?

岸和田だんじり祭りをゆっくり安全に楽しみたいならば、もう一つの方法は有料観覧席をとる事です。
観覧席からはさすが有料なだけありとても見やすいです。

しかし、駅から観覧席までの道のりは、一旦だんじりの昼休憩が終わるとギャラリーがごった返し観覧席へたどり着くのは至難の業です。はやめに観覧席へたどり着くことをおすすめします。

岸和田だんじり祭りの有料観覧席は各日、各時間帯で枠が決められています。
料金は日にちや時間帯、スタンドによって細かく設定されていて2,000円~7,000円と幅があります。
(※試験曳きを含めた4日間の通しで定員10名の西特別観覧席はお値段50万円もします(;^ω^))

それでも全て完売してしまう程の人気なので、早めに確保しましょう!
毎年7月10日前後に発売になるようです。チケット詳細はコチラ→http://www.kishiwadadanjirimatsuri.com/

特におすすめは東スタンドA席です!

B席より若干料金が高めですが、迫力とコスパの両方を考えると断然A席がおすすめです。
比較的リーズナブルな宵宮午後1・2枠、本宮午後1枠が良いと思います。

 

まとめ

いかがでしたか?
全国的にも有名な『岸和田だんじり祭り』
ぜひ1度は見て欲しいお祭りの一つです。

迫力満点で、大変な混雑ですが安全な穴場スポットや、有料観覧席もあるので、是非参考にしてみて下さい!!

岸和田周辺の詳細情報はコチラ【楽天たびノート】

-レジャー, 季節の行事

Copyright© 毎日ハッピーライフ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.