毎日をハッピーに快適に暮らすためのちょっとした豆知識

毎日ハッピーライフ

子育て 季節の行事

七五三が喪中ならお寺でする?鳥居をくぐらなければ神社でお参りOK?

投稿日:


七五三は子供が無事に成長したことを感謝し、氏神さまにご報告する大切な節目の行事です。
しかし、喪中の場合、七五三参りはしてもいいものなのでしょうか

選択肢は翌年に延期する、お寺でお参りする、そのまま神社でする・・・などいくつかありますが、
実際はどのようにするのが1番良いのでしょうか。

大切なお子様の節目の行事だからこそ、後で後悔のないようにしたいですよね。
一緒に見てみましょう。

Sponsored Link

七五三が喪中の場合はお寺でお参りするの?

七五三と喪中が重なった場合、忌中明けならば基本的に神社でお参りをしても問題ありません。
では、喪中と忌中ってなにが違うのでしょう??

喪中と忌中の違い

「喪に服す」と言いますが、正確には「忌」の期間と「喪」の期間は異なります

日本では古くから「死は穢れたもの」と考えられていました。
仏教では冥土にたどり着くのに49日かかるという考えから、仏教の忌中は四十九日、神道は歴史や伝統を踏まえて五十日とされています。
忌中とは、神道の「穢れ(ケガレ)である死を忌む期間」と言う考えから、忌中時は仕事を控え、殺生をせず、髭や髪を剃らず、神社に参拝しない期間としています。

一方、「喪中」は死者を偲び追悼する期間になります。
故人の冥福を祈りながら、慎ましく生活をする一定の期間です。
明治7年の太政官布告による服忌令では13か月、明治42年の皇室服喪令では12か月と期間が決められていました。
現在は服喪期間についての法律はありませんが、だいたい12か月~13か月が一般的です。
つまり少なくとも両親が亡くなった場合には、それが何月であろうと新年は喪中であるということになるのです。

七五三参りをお寺でするには?

先程述べたように、忌中明けならば神社で七五三参りをしても構いません
しかし、結局は家族や親族の気持ちの問題です。
親族の中で気にする方がいるのならばお寺でするという選択肢もあります。

七五三は、もともとは氏神様に子供がここまで元気に成長したことを感謝し、報告するお参りなので
神社にお参りするのが一般的ですが、神様ではなく仏様に感謝し、ご報告すると考えればお寺でも問題ありません

お寺で行うならば、宗派などの関係もあるので、「何故お寺でするのか?」という事も含め、親族と良く相談した方が良いでしょう。
また、お寺によっては七五三参りは行っていないところもあるので、事前に聞いておきましょう。

お寺の場合は初穂料ではなく、「御布施」となります。
費用は、七五三参りをお願いしたいお寺に尋ねてみましょう。相場では1万円~2万円のようです。

 

喪中と七五三が重なった場合、鳥居をくぐらなければ神社もOK?

先程述べたように、喪中でも忌中明け(四十九日明け)ならば普通に神社で七五三参りをしても構いません。

では、何故忌中は鳥居をくぐってはいけないのでしょうか

神社は神様を祀っているところ、お寺は亡くなった方=仏様を祀っているところという違いがあります。
神社に祀られている神様は、死による穢れを嫌います。神社ではお葬式をしませんよね?神社にお墓がないのもその為です。

鳥居は神様の通る道なので、忌中(仏教では四十九日、神道では50日)は鳥居をくぐってはならないと言われています。

身内に不幸があった場合は、基本的には忌中明けまでは待った方が良いでしょう
また、忌中が明けていても喪中の場合、お祝い事は控えるという考えの方もいます。
逆に、亡くなられたのがその子の祖父母の場合、祖父母は孫の七五三を楽しみにしていたから、きっと天国で喜んで見てくれているはずだという考えの方もいらっしゃいます。
忌中明けならば神社で七五三参りはしても良いのですが、結局は親族の気持ち次第です。親族とよく話し合って決めましょう。


Sponsored Link

喪中の七五三参り、みんなはどうしてる?

七五三と喪中が重なった場合、多くの方は親族と話し合って、忌中明けに神社で七五三参りをする方が多いようです。
しかし、その場合も身内だけで慎ましくされるようです。

一方、喪中でご親族の気持ちが「お祝い事ができる余裕がない」、「とてもそんな気持ちにはなれない。」という方もいます。
そういう方は翌年に延期される方もいます。

また、忌中明けでも神社でお参りすることに抵抗がある方は、お寺で七五三参りをされる方も増えて来たそうです。
氏神様に感謝するか、ご先祖様に感謝するかの違いなので、お寺で七五三参りをしても全く問題ありません。

七五三は結婚式とは違い、一つの節目のご報告と感謝をする行事なので、喪中に絶対してはいけないものではありません。
何より大切なのは喪中の親族の気持ちです
大切なお子様のお祝いを親族が万全の気持ちでしてあげられるように、親族で良く話し合って決めましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?
七五三と喪中が重なった場合、何かと悩む方が多いと思います。

基本的には、忌中(仏教では四十九日。神道では五十日)明けならば神社で七五三参りはできます。
しかし、何よりお祝いをする親族の気持ちが大切です。

親族みんなが気持ちよく大切なお子様の七五三をお祝いしてあげられるようにしたいですね。

Sponsored Link

-子育て, 季節の行事

Copyright© 毎日ハッピーライフ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.