毎日をハッピーに快適に暮らすためのちょっとした豆知識

毎日ハッピーライフ

マナー 季節の行事

お彼岸のお供え物の相場やのしは?いつ持って行くとよい?渡し方は?

投稿日:


お彼岸になると実家や親族のお仏壇にお供えをしなくてはならない方も多いと思います。
その際、お供え物はどんなものが喜ばれるのでしょうか?
相場や、のし、いつどのように渡すのか??などについて一緒に見て行きましょう。

Sponsored Link

お彼岸のお供え物の相場は?どんなものが喜ばれる?

お彼岸のお供え物の相場は?

お供え物の金額の相場は「¥2,000~¥5,000」が相場となっています。
品物ではなく、現金を包む場合は「¥3,000~¥5,000」が相場です。

現金とお供え物の両方を持参する場合は、「現金¥2,000と¥1,000~¥3,000程度の品物」
と言うように、現金とお供えの品物が合わせて¥5,000以内になるようにすると良いでしょう。

あまり高額なお供えをすると、かえって先方も恐縮するので、過度なお供えものは控えるのもマナーです。

お彼岸のお供え物はどんなものが喜ばれる?

お彼岸のお供え物は「これ」と言った決まりはありません。
お供え物には故人が好きだったものや、日持ちするもの、小分け包装で、お供えした後に配れるものなどが喜ばれます。

お供え物として人気なのは、

ゼリー、羊羹、和菓子、おかき、焼き菓子、缶ジュース、缶ビール、缶詰、そうめん
季節の果物、生花(白や淡い色を基調とした色合いで)

などのようです。

少人数のご家族ならな量は少な目で高価なものを、親族が沢山集まるご家庭ならば量が沢山あって小分けしてあるもの
などを選ぶとその気遣いに喜んでもらえるようです。

 

お彼岸のお供え物ののしは?いつ持って行くと良い?

お彼岸のお供え物ののしは?

お彼岸はお祝いごとではなく仏事なので、ご仏前を包む場合は熨斗がなく白黒、双銀、黄白の水引で結び切りの不祝儀袋を用意します。(※熨斗とは、お祝いなどの進物に添える色紙を折って上が広く細長い六角形にしたもの。結婚などお祝いの祝儀袋の右上に付いています。)
表書きは水引の上段に「御供」と書くことが多いようですが、忌明け前であれば御霊前、忌明け後であれば御仏前と書いてもよいようです。

品物の場合は同じく熨斗が描かれていない黒白、双銀、または黄白の水引が印刷された「掛け紙」をかけるのが一般的です。
表書きには「御供」と書き、下段に名前を書きます。ご家族であれば(苗字が同じ)、ご主人の下の名前で良いでしょう。
薄墨ではなく、普通の墨で書きましょう。

関東では四十九日までは黒白、四十九日以降は双銀の水引を使用することが多く、関西や北陸では黄白の水引が使用されることが多く、初盆のみ黒白を使用するという地域もあります。
地域によって異なるので、気になる場合は、先方にお尋ねするとよいでしょう。

お彼岸のお供え物はいつ持って行くと良い?

お彼岸は春分の日、秋分の日を中日とし、前後の3日ずつで7日間です。
2017年春彼岸は3月17日~3月23日 中日は3月20日(春分の日)
2017年秋彼岸は9月20日~9月26日 中日は9月23日(秋分の日)
となっています。
お彼岸のお参りは中日までにするようにしましょう。

Sponsored Link

お彼岸のお供えの渡し方は?

お供え物は風呂敷に包んで持参するのが基本ですが、紙袋で持って行く場合は、
必ず紙袋から出して、表書きを自分の方に向けて一旦お供え物に異常がないかを確認してから、
改めて表書きを先方に向けて差し出すのがマナーです。

紙袋のまま渡すことのないように気をつけましょう。
風呂敷で包んで行く場合は、風呂敷から出して同じようにします。

渡すときにには「ご仏前にお供え下さい。」と一言添えて渡しましょう。

渡すタイミングとしては、自分でご仏前にお供えするわけではなく、ご家族の方に渡すので、お仏壇に手を合わせる前、ご家族に挨拶したあとに渡すのがベストでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?
意外と悩むことの多いお彼岸のお供え物。
末永く良好な親戚付き合いをするためにも、マナー違反になることのないようにしたいですね。
是非、参考にされてください。

Sponsored Link

-マナー, 季節の行事

Copyright© 毎日ハッピーライフ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.