毎日をハッピーに快適に暮らすためのちょっとした豆知識

毎日ハッピーライフ

季節の行事

中秋の名月にすることは何?意味や由来は?お月見のお供えの仕方は?

投稿日:


中秋の名月と言えば、月見団子とススキという事くらいは何となく知っていますが、
実際その日に何をするのか、意味や由来を知らないままでいました。

そこで、日本の風習として、子供達に正しく伝えるために調べてみました。

Sponsored Link

中秋の名月にすることは一体なに?

中秋の名月は、秋分の日に最も近い満月の夜(十五夜)に、その年の収穫を感謝し、お月見団子や、秋の収穫物、ススキなどをお供えして、月を愛でながら食事やお酒を楽しむのが一般的な過ごし方です。

もともとは、旧暦の8月15日が中秋の名月ですが、この日が必ずしも満月とは限らないため、今では秋分の日に最も近い満月の日にお月見をすることが多くなりました。

2017年の中秋の名月は10月4日水曜日で、最も近い満月の日は10月6日金曜日になります。

 

中秋の名月の意味や由来は?

もともと、中秋の名月は中国の「中秋節」という習慣から平安時代に日本に伝わりました。
当時は貴族の間で、月見をしながら詩を歌ったり、宴をしていました。

一般的に民衆に伝わったのは江戸時代で、秋の収穫を祝う収穫祭として定着するようになります。
もともとは、十五夜は別名「芋名月」ともいい、9月ごろに収穫される里芋などのイモ類の収穫を祝う行事であったため、最初は里芋やサツマイモなどをお供えしていました。

なぜ、月に供えたのかというと、月は風雅の対象だけでなく、信仰の対象でもあったからです。
昔は、農耕民族として自然の恩恵を受けて生きていたため、農作業の基準として暦はとても大切なもので、重宝されるものでした。
なので、満月の数や新月から何日目の月なのかという事を大切にし、月に祈りをささげる事で、生活の向上や豊穣があるとされてきたのです。

Sponsored Link

お供えものが今のようなお団子になったのは、お米の収穫の時期と重なり合う時期でもあったので、お米で作った月見団子を供えることで、これからの収穫を祈るという意味合いを持つようになった為です。
丸いお団子の形は月に似せています。
また、お団子は、収穫への祈り、感謝だけでなく、物事の結実や健康、幸福をも表しており、そのお団子を食べることで、健康と幸せを得ることができると考えられてきました。

また、お団子と一緒に供えられるススキは魔除けの力があるとされていました。
本来、月の神様の依代(精霊(神霊や御霊など)が依り憑くものや場所のこと)は稲穂です。
しかし、お月見の時期に稲穂がなかったため、稲穂に似たススキを供えるようになったと言われています。
お月見に供えたススキを軒先につるすと、一年間病気をしないという言い伝えもありました。

お団子、ススキのほかには、季節の収穫物を供える事もあります。
本来のお供え物であった里芋やサツマイモ、その他、ブドウなどのツルものは月と人との繋がりが強くなるという縁起のいいお供え物で、供えることもあります。

 

お月見のお供えの仕方は?

お供えものは、お月さまの見える場所(窓際、縁側、出窓、ベランダ)などにお供え台を置いて供えます。

お団子は、本来は三方という神事に使われる台に乗せてお供えしますが、三方がない場合は、お皿などで代用し、その上に奉書紙や半紙や天ぷら用の紙などを対角に折る慶事折りをして敷き、お団子を置きます。

供える位置は、お月さまから見て左にススキや里芋、収穫物の野菜。右側にお団子を供えます。

お団子の数には2つ説があり、1年の満月の数として12個(閏年には13個)と言う説、十五夜だから15個と説があります。

そのお団子をピラミッド状にするのは、お供え物を高く積み上げて感謝の気持ちが月に届くようにと言う考えからだと言われています。

お団子の置き方は、
15個・・・下から9個、4個、2個
12個・・・下に9個、上に3個
と言うように置き、1番上のお団子は、正面から見て1個だけ置いてあるように見えるように置きます。

 

まとめ

いかがでしたか?
意外と知らなかった中秋の名月の意味や由来。
本来の意味を知ったうえでお月見を楽しむと、また違った楽しみ方ができますね。

今年は、お月見をしていた昔の人々に思いを馳せながら、
お月見を楽しみたいなと思います。

Sponsored Link

-季節の行事

Copyright© 毎日ハッピーライフ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.