毎日をハッピーに快適に暮らすためのちょっとした豆知識

毎日ハッピーライフ

美容

夏のメイク崩れを防止する方法。テカりやアイメイク崩れの対策は?

投稿日:2017年5月23日 更新日:


夏のメイクは、出勤している間に汗や皮脂で崩れてしまい、会社に着いたころにはドロドロになってしまう。。。なんてことも。
しかし、ちょっとした対策で夏のメイク崩れを最小限に防ぐことができます。
今日は、夏のメイク崩れを防ぐ方法と、テカってしまったりアイメイクが崩れてしまったときの対策についてご紹介します!

Sponsored Link

夏のメイク崩れを防ぐには??

夏のメイク崩れを防ぐには、なぜメイクが崩れてしまうのかを知ることが大事です!

なぜメイクが崩れるの??

夏のメイクが崩れる原因である「皮脂の過剰分泌」は、実はお肌の乾燥が原因って知っていましたか??
皮脂が沢山出ていると、お肌が乾燥しているとはなかなか思えないですよね。
それで、余計に保湿を怠る人が多いのですが、それではメイク崩れを防ぐことはできません。

保湿が足らずお肌が乾燥していると、お肌は乾燥から守ろうとして必死で皮脂を分泌します。

また、食生活もお肌の皮脂分泌に関係しています。
ビタミンなどを摂らずに脂っこいものやスナック菓子、ファストフードなどばかりを食べていると、皮脂が過剰に分泌する原因になります。
それが、メイク崩れの原因になるのです。

メイク崩れを防止するには??

メイク崩れを防止するには、日ごろの食生活と、メイク前後のお肌のケアがポイントになってきます。

1、脂っこいものや、甘い物、高カロリーな食べ物を控え、ビタミン、食物繊維、をしっかり摂取する
特に、皮脂コントローるに良い栄養素は、
●ビタミンB2・・・緑黄色野菜、魚
●ビタミンC・・・緑黄色野菜、果物、イモ類
●食物繊維・・・野菜、果物、海藻
●DHA、EPAなどの不飽和脂肪酸・・・サバ、サンマ、イワシなどの青魚

2、普段からお肌の保湿を怠らない
夏は冷房紫外線で実はお肌はとても乾燥しています。
夏だからこそ普段から保湿は念入りにすることが大事です。

3、メイク崩れを防ぐテクニック
メイク崩れは、ちょっとしたテクニックで軽減することができます。

メイク前にローションパックをし、お肌を充分に保湿して整える。

保湿クリーム又は乳液を塗る

UV効果のある化粧下地を塗る

余計な油分をティッシュオフする(軽くティッシュで押さえる)

パウダリーファンデーション又はフェイスパウダーを叩きこむように塗る

ポイントは、メイク前にもしっかり保湿することと、油分のある下地を塗った後(パウダーを塗る前)に一旦余分な油分をティッシュオフすること、メイクを重ねづけしすぎない事です。

Sponsored Link

油とり紙は、皮脂を取り過ぎるのであまりおススメしません。ティッシュならば、軽く押さえるだけで余分な皮脂だけを取り除くことができるのでおススメです。しかし、このときにゴシゴシこすってしまったらお肌を傷めるので、そっと上から押さえるだけにしましょう!

メイクを重ねづけしすぎると、どうしてもメイクは崩れやすくなります。メイク崩れを防ぐには「薄づき」が鉄則!
日焼け止めクリームは、下地やリキッドファンデーションでUV効果があるものを選び、一つで済ませてしまいましょう。

また、春夏用のパウダリーファンデーションは、皮脂コントロールができるように作られているものが多いのでおススメです。

 

夏のお肌、テカってしまった時の対策~正しいメイク直し~

もし、お肌がテカってメイクが崩れてしまったときには・・・
余分な皮脂をティッシュオフします。(軽く上から押さえるだけ!)

清潔なスポンジでファンデーションのヨレをキレイに直しましょう。
このとき、ファンデーションがべったり付いた汚いスポンジを使ってしまうと、ファンデーションの上塗りになり余計崩れる原因になります。必ず、ファンデーションが付着していない清潔なスポンジでヨレを直しましょう!細かい場所はスポンジの角を使うといいですよ♪

●そのあと、フェイスパウダーで仕上げます。

※よく、メイク直しの時に化粧水のミストをメイクの上からスプレーする人もいますが、実は、これは逆にお肌を乾燥させる原因になることがあります。
特に、保湿成分の少ない化粧水の場合、メイクの上からスプレーしてそのまま冷房にあたると、化粧水が蒸発する時にお肌の水分まで一緒に奪ってしまいます。

朝メイク前にしっかり化粧水で保湿をし、保湿クリームや乳液で蓋をしているので、メイクの上から化粧水をスプレーしなくても大丈夫です。

 

夏のアイメイク崩れ対策は?~正しいアイメイク直し~

アイメイクは、ウォータープルーフだと崩れにくいですが、それでも崩れてパンダ目になることってありますよね。
そんな時には・・・
●綿棒に乳液(ウォータープルーフの場合はアイメイク落とし)を含ませて、アイメイクが滲んでしまったところを綺麗に拭き取る。アイシャドウは乳液を含ませたコットンで軽く優しく拭き取る。

●アイメイク落としを使った場合は、綿棒またはコットンに化粧水を含ませてお肌に残ったアイメイク落としを優しく拭き取る。(乳液を使った場合はそのままでOK)

●ファンデーションが落ちてしまった箇所にリキッドファンデーションを含ませた綿棒でぼかすようになじませる。瞼の全体の場合はスポンジで。

●アイシャドウを塗り直す。アイラインが切れているところは点を描くようにつなげ、その上から濃いアイシャドウを乗せてぼかす。

 

まとめ

いかがでしたか??夏のメイク崩れは、身体の中からの食べ物と、外からのお肌のケア、そしてメイクのテクニックで最小限に防ぐことができます。
メイクがもし崩れてしまっても、正しいメイク直しでまたキレイに崩れにくくお直しすることができます。

この夏は、メイク崩れ知らずで過ごしたいですね!

Sponsored Link

-美容

Copyright© 毎日ハッピーライフ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.