毎日をハッピーに快適に暮らすためのちょっとした豆知識

毎日ハッピーライフ

美容

紫外線に効果的な食べ物と日焼け後の正しいアフターケア

投稿日:2017年5月20日 更新日:

紫外線は、浴びすぎるとお肌を老化させ、シミ、シワの原因になります。
でも、暖かくなって来たこの季節、外でのレジャーも増えて来ます!

紫外線対策には日焼け止めを何度も塗り直すことが大事!!という事は解っていても、それでもうっかり日焼けしてしまった!!
なんて事、ありますよね・・・(つД`)ノ

Sponsored Link


因みにここはイビサに行ったときの海!こんな海に行ったらもう解放感で「日焼け止めの塗り直しなんていいやー!」
ってなっちゃいますよね・・・。

実際それで真っ黒になっちゃた私が、日焼け後の効果的な食べ物と正しいアフターケアで少しでも「なかったことに!!」に近づける方法をお教えします♪ヽ

日焼け後できるだけ早く!!正しいアフターケアを!

日焼けで肌が赤くなってヒリヒリしてるときは、肌がやけどをしている状態!
まずは、しっかり冷やすことが大事です。また、日焼け後のお肌は極度に乾燥し、敏感になっているので、保湿も重要

まず1番最初にやるべきことは、刺激の少ない保湿ローションを冷蔵庫で冷やし、
コットンにたっぷり含ませてローションパックをしてクールダウンさせましょう。

この時、美白化粧水を使いたい気持ちは分かりますが、極度に乾燥して敏感になっているお肌には、
ビタミンCや美白成分配合の化粧水はまだ刺激が強く、NGです。
美白化粧品を使用するのは、赤みが引いて、ヒリヒリも治まってからにしましょう!

敏感肌用で、保湿に特化したセラミド配合などの化粧水が適していますよ!

ローションパックをする時のポイントは、まず水でコットンを濡らして軽く絞ること。
そうすることで、必要以上に化粧水を無駄使いしなくて済みます!

お肌がしっかりひんやりするまで5分間ほど、ローションパックをしましょう♪
その後は、保湿クリームで保湿です。

保湿クリームも美白用ではなく、刺激の少ない保湿クリームにしましょうね。

ワセリンも効果的です!

赤みとヒリヒリが治まるまではこのケアにしましょう!(目安は数日~1週間程度)

※このケアをしても赤みと傷みが引かない場合は、皮膚科へ行きましょう!(T_T)
また、日焼けの状態が酷く、水膨れなどになってしまった場合は、早めに病院へ行くことをおススメします。

 

日焼け後に効果的な食べ物は??

日焼け直後の赤いお肌には、美白化粧品はNGと言いましたが、食べ物で積極的にビタミンやタンパク質などを採りましょう!
そこでおススメの食材は・・・・・1、アセロラ
アセロラにはビタミンCとアントシアニンが豊富に含まれているんです!
ビタミンCとアントシアニンには抗酸化作用があり、日焼けによる炎症を抑え、紫外線で傷ついた肌細胞を修復します。

また、メラニンの生成を抑える作用もあるので、シミになるのも防いでくれるんですよ♪

手軽なアセロラジュースを飲むのがおススメです♪

2、卵、チーズ、大豆、牛肉この食材に共通して含まれる日焼け後に効果的な栄養素がなんだか分かりますか???
答えは「たんぱく質」と「亜鉛」です!

日焼けしたお肌は、新陳代謝を促し、早く新しい肌細胞に生まれ変わってほしいですよね。
皮膚、髪、爪などあらゆる細胞の素となるたんぱく質が不足すると、お肌の新陳代謝も滞ってしまい、
シミ、シワの原因になります。

また、亜鉛は人体に欠かせない必須ミネラルの一つで、これもまたお肌の新陳代謝を促し、炎症を抑えて、
ツヤのあるお肌を保ちます。

ビタミンC、アントシアニン、たんぱく質、亜鉛を多く含むこれらの食材を日焼け後に積極的にとれば、
美白効果、新陳代謝の促進、抗炎症、抗酸化、肌細胞の修復作用によって、お肌が早く白くもどり、
シミ、シワを防ぐ効果が期待できます♪

Sponsored Link

 

赤みが引いたら美白化粧品に切り替え!

日焼けの程度にもよりますが、早い人で数日で赤みが引き、ヒリヒリも治まってきます。
そうしたら、美白化粧品に切り替えましょう。しかし、美白化粧品は保湿感が足りないものが多いので、美白化粧水→美白美容液→保湿クリーム
など、保湿クリームも併用するのがおススメです。

また、ビタミンC濃度が高く配合されている化粧品は、ピリピリとお肌に刺激を感じる事があります。
あまりに刺激を強く感じるようであれば、最初は化粧水だけを美白化粧水に替え、美容液とクリームは保湿のものにし、
お肌が慣れてきたら徐々に美白ラインに変えて行っても良いですよ!

赤みが引いたとはいえ、お肌の新陳代謝を促すためにも保湿は重要!
ローションパックも引き続き続けるのがおススメです♪

 

お出かけ前に食べたらNGな食材って??

ここまでは、日焼け後にするべき正しいケアと、効果のある食材をご紹介しました。
だけど、実は、紫外線を浴びる前に食べない方が良い食材があるって知っていましたか??この先の予防のためにも、お出かけ前にNGな食べ物をチェックしておきましょう♪

日焼けを促進させる物質・・・・それは「ソラレン」です。
この「ソラレン」とは、光毒性物質と呼ばれ、日光など光を浴びると紫外線に敏感に反応し、
吸収しやすくします。その為、シミ、色素沈着などを引き起こしてしまう可能性があるのです。

では、そのソラレンが多く含まれる食べ物はなんでしょう・・・?
・柑橘類
レモン、オレンジ、グレープフルーツなど

・きゅうり
・パセリ、紫蘇、三つ葉などの香味野菜

・イチジク、キウイ、アセロラ
などです。

日焼け後にお勧めのアセロラも入っていますね。
これらは、美肌にはとってもいい食材ばかりです。
なので、食べたらいけないのではなく、食べる時間帯に気を付ければいいのです

外出前、紫外線を浴びる前にはできるだけ食べるのを避けましょう。
夜食べるのがおススメですよ♪

外出前に食べると効果的な食べ物

では、逆に紫外線を浴びる前に食べると効果的な食べ物はあるのでしょうか???
実は・・・あるんです!\(^o^)/紫外線予防に効果的と言われている栄養素は、
・ビタミンA、C、Eです!この3つを合わせて「ビタミンACE(エース)」と良く言われます。

という事は、ビタミンACEを多く含み、更にソラレンが含まれていない食材が紫外線予防に良いってことですよね??
そこでこの3つがバランス良くとれるおススメの食材は

1、いちご
2、カボチャ
3、ピーマン

です!紫外線を浴びる前の朝食には、カボチャ、ピーマン、イチゴを積極的に食べましょう♪

 

まとめ

日焼けをしてしまった後は、正しいケアを早くするかしないかでお肌の回復は全然違って来ます。
また、身体の中からと外から効果的なケアをすることによって、シミも防ぐ事ができます。日焼け止めをこまめに塗りなおして、日焼け予防をすることがまず大事ですが、
日焼けをしてしまったら、正しいケアで早くお肌を回復させてあげましょうね♪

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています♪ポチッとして頂けると励みになります!どうぞ宜しくお願いします。(*^_^*)

にほんブログ村

にほんブログ村

Sponsored Link

-美容

Copyright© 毎日ハッピーライフ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.