毎日をハッピーに快適に暮らすためのちょっとした豆知識

毎日ハッピーライフ

季節の行事

鏡餅の意味や由来は?いつから飾る?飾り方や鏡開きについて

投稿日:

お正月のお飾りの準備はできていますか?
日本では、昔から鏡餅や門松、しめ縄、破魔矢などお正月を迎えるにあたって、沢山の御飾りがありますよね。

今日は、その中でも鏡餅について、その由来や意味、飾る期間や飾り方、鏡開きのしかたなどについて詳しくご紹介します。

Sponsored Link

鏡餅の意味や由来は?

鏡餅って、どうして飾るのか、どんな意味があるのか、由来など知っていますか?
何となく毎年飾っているけれど、実は良く知らない・・・と言う方も多いのでは??

まず、鏡餅の意味や由来について見てみましょう♪

鏡餅を飾る意味は?

お正月の行事はもともと、新年の神様である「年神様」を家に迎え入れる行事でした。
新年の神様をもてなし、見送るのです。

その神様の依り代(よりしろ)が鏡餅なのです。
鏡餅には、年神様の「御霊(みたま)」が宿ります。
年神様は、全ての人や物に新しい生命を与えるために現れると伝えられています。
つまり、1年に1度新たに命が与えられ、生まれ変わるのです。

鏡餅をお雑煮で食べるということは、その「御霊」身体に取り込み、新しい命を頂くという意味があります。
御霊を取り込むことによって、年神様が新しい年の命と共に、幸福や恵みを分け与えて下さるのです。

また、鏡餅を食べるということは、「歯固め」の意味もありました。
丈夫な歯を持っていると、良く食べることができ、健康で長生きできます。
そこで、年始に歯が丈夫であることを祈って固くなった鏡餅を食べたのです。

なぜ、鏡餅は丸いお餅を二つ重ねるの?

鏡餅のお餅が丸いのは、昔の丸い鏡を意味しています。
鏡は、昔から「三種の神器」の一つとして、天皇家が代々受け継いでいるように、日本人にとっては宝物の象徴です。
また、鏡には神様が宿るという言い伝えもあることから、神様の依り代である鏡餅を丸い鏡に模して丸いお餅にしたのです。

だから、「鏡餅」と言うんですね!

また、二つ重ねられているのは、大小2段で月と太陽、陰と陽を表していて、円満に年を重ねる、夫婦円満などの意味が込められています。

 

鏡餅はいつからいつまで飾るの?飾り方は?

次に、鏡餅を飾る期間や飾り方について見てみましょう!

鏡餅はいつ飾ったらいいの?飾り方は?

鏡餅を飾る日は、一般的に29日と31日を避けます。
29日は9が付く事から、苦餅(苦持ち)と言われ、31日は葬儀と同じ一夜飾りとなり、縁起が悪いとされているからです。

なので、12月28日までに飾るか、30日に飾るのが良いとされています。

鏡餅の飾り方や飾りの意味は?

鏡餅の飾り方は、地域や家庭によっても違いますが、ここでは一般的な飾り方をご紹介します。

一般的には三方(さんぽう)と呼ばれる、折敷に台がついたお供え用の器に、白い奉書紙、または四方が紅く彩られた四方紅(しほうべに)という和紙を敷き、紙垂(しで)、裏白(うらじろ)、譲り葉(ゆずりは)の上に鏡餅を乗せます。
そして、昆布、橙、などを飾ります。

Sponsored Link

一緒にお供えするものにも、それぞれ意味があります。

【裏白】
シダの一種で、表面は緑色ですが、裏面が白いことから、後ろ暗いところがない清廉潔白の心を表します。
また、葉の模様が対になって生えているので、夫婦仲むつまじく相性の良い事、白髪になるまでの長寿を願います。

【譲り葉】
新しい葉が出てから古い葉が落ちることから、家督を子孫に譲り、家系が続くことを意味します。

【昆布】
よろこぶの意。古くは昆布の事を「広布」(ひろめ)と言い、喜びが広がる縁起ものでした。
さらに蝦夷(えぞ)で取れるので夷子布(えびすめ)と呼ばれ、七福神の恵比寿に掛けて福が授かる意味合いもあります。
また、「子生」(こぶ)と書いて子宝に恵まれるよう祈願します。

【橙】
「代々」とも書く。
果実は冬に熟しても落ちにくいため数年残ることがあり、1本の木に何代もの実がなることから、長寿の家族に見立てて家族繁栄、代々家が続くことを表しています。

【串柿】
干し柿を串に刺したもの。柿は「嘉来」に通じる縁起もので、干し柿は「見向きもされない渋柿でも、修練の末には床の間の飾りにもなる」という高い精神性を表します。
串に刺した串柿は三種の神器の剣を表し、「鏡=鏡餅、玉=橙、剣=串柿」で三種の神器を表しているとも言われています。

Sponsored Link

鏡開きはいつ?鏡餅の開き方は?

鏡開きはいつ?

鏡開きは、地域によって違ったり、土日祝日によって変わることもありますが、一般的には1月11日となっています。

しかし、関西では1月20日、京都や近隣の一部の地域では1月4日に行われるところもあります。

これは、お正月飾り(門松、しめ縄、破魔矢など)を飾っておく期間の「松の内」が関係しています
鏡開きは、元々お正月飾りを全て片づけた後に行われるものでした。

松の内は、全国的には1月7日までなので、鏡開きは1月11日に行うところが多いのですが、関西では松の内が1月15日としているところが多く、その為、鏡開きも1月20日に行うところが多いのです。

昔は、関西以外でも松の内は1月15日までだったのですが、徳川家光が4月20日に亡くなったことから、「20日」は忌日として避けるようになりました。
この事から、鏡開きの1月20日も変更されたのです。
しかし、この風習が関西には広まらなかったため、関西は1月20日に鏡開きを行うところが多いのです。

鏡餅の開き方は?

神様が宿っている鏡餅ですから、鏡開きの仕方も気になりますよね?

神様が宿っている鏡餅は、刃物で切るのは避け、木槌などで割ってから頂きます。

神様にお供えした食べ物には、力が宿ると考えられています。
力が宿った鏡餅を、神様に感謝しながら頂くことによって、無病息災を祈願するのです。

鏡餅は、ちゃんと鏡開きの後、食べてこそ意味があるのですね!

 

まとめ

いかがでしたか?

意外と知らなかった鏡餅の意味や由来。
ちゃんと鏡開きまでして、頂かないと意味がないのですね!

是非、参考にされてくださいね。

関連記事⇒『お持ちの味付けアイデア集!美味しい食べ方色々!スイーツやおかずに!』

-季節の行事

Copyright© 毎日ハッピーライフ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.